Wanderlust $Id: wl.html,v 1.2 2000/12/10 17:06:49 kanai Exp $

Wanderlust


SMTP AUTH

認証付きSMTPのSMTP AUTHにもwanderlushは対応してます。 とりあえずCRAM-MD5の場合はこんなんを追加します。 md5.elあたりをインストールする必要があったような気がする。

;;=============================================================
;; SMTP AUTH
;;=============================================================
(setq wl-smtp-authenticate-type "cram-md5")
(setq wl-smtp-posting-user "test@hoge.com")
 

User-Agent

こんなんなるようにしてます:
X-Mailer: Wanderlust/2.5.2 (Smooth)

;;=============================================================
;; User Agent
;;=============================================================
(setq wl-draft-config-alist
      '(
        ("User-Agent: "
;         ("User-Agent" . (format "%s/%s (%s)"
;                               wl-appname wl-version wl-codename))
         ("X-Mailer" . (format "%s/%s (%s)"
                               wl-appname wl-version wl-codename))
         ("User-Agent" . nil)
        )))
 

自動refile

こんなかんじで。まあ、たいていは、これで事足りるでしょう。 これ以外の特定のヘッダでも振り分けできたはず。

;;=============================================================
;; 自動リファイルのルール設定
;;=============================================================
(setq wl-refile-rule-alist
      '(
        ("x-ml-name"
;        ("^Wanderlust" . "+wl")
;        ("^Elisp" . "+elisp")
        )
        ("From"
         ("aaa@bbb.com" . "+from-aaa")
        )
        ("Subject"
         ("^\\[hgehoge-ML" . "+hogehoge")
        )
        ("To"
         ("BUGTRAQ@SECURITYFOCUS.COM" . "+bugtraq")
         ("BUGTRAQ-JP@SECURITYFOCUS.COM" . "+bugtraq-jp")
         ("janog@janog.gr.jp" . "+janog")
         ("users@jp.ipv6.org" . "+users.v6org")
        )
        ("Cc"
         ("BUGTRAQ@SECURITYFOCUS.COM" . "+bugtraq")
         ("BUGTRAQ-JP@SECURITYFOCUS.COM" . "+bugtraq-jp")
         ("janog@janog.gr.jp" . "+janog")
         ("users@jp.ipv6.org" . "+users.v6org")
        )
        ))
 

POP & pipe

いまいちPOPが弱いwanderlustですが、私はpop+pipeフォルダを使ってます。 これは.folderファイル。g popって押すとこのpop pipeフォルダに移動して 自動でpopしてくれる。あとはelispで動くbiffってのを使ってた事がある。 あとはimgetなlispを使ってた事もある。wl-biffなるものもあるらしい v
(setq wl-biff-check-folder-list '("%inbox"))

 |&kanai/apop@hogehoge.com|+inbox   "pop"
 
.folderついでにnewsで使ってるaccess folerを。 /で終ってるのがaccess folerらしい。 下記のようなかんじで、localnews.postmaster以下すべてのnews groupが展開 される。altとかでやると死亡する。もちろん、どれを表示するってのが設定 できるので、altとかでもそこら辺を設定すればOK。

  SYSTEM{
          -localnews.postmaster/
          -localnews.root/
     }
 

expire

いらなくなったファイルは自動で消しましょう。 自動でアーカイブってのもあるんだけど、使ってないや。

;;=============================================================
;; expire
;;=============================================================
; expire時にログをとる
(setq wl-expire-use-log t)
; サマリモードになったときに,自動的にwl-summary-expireを実行する
(add-hook 'wl-summary-prepared-pre-hook 'wl-summary-expire)
(setq elmo-archive-default-type "tar")

(setq wl-expire-alist
      '(
        ("^\\+webaccess$"   (date 7) remove)

        ("^\\+trash$"   (date 7) remove)
        ("^\\+draft$"  (date 7) remove)

        ("^\\+bugtraq$" (date 30) remove)
))
 

GnuPG

暗号通信で幸せになりましょうと。

(setq pgg-default-user-id "Ryoji Kanai <kanai@big.or.jp>")
(setq pgg-cache-passphrase nil)
(setq pgg-gpg-shell-file-name "sh")
(setq pgg-gpg-program "/usr/local/bin/gpg")
 
ちゅうことで、使いかたなぞを。新しいwlに新しいsemiを入れましょう。 semiがpgpに対応してるかは要チェック。 でC-Spaseで範囲起点を決めて、C-cC-mC-eで暗号化、C-cC-m-C-sで署名。 "[1 ]"の上でvを押すと平文化とか。

BBDB

アドレスの自動収集が可能です。見たメールのアドレスをひたすら記憶してく れる、謎のDB。
BBDB本家?
BBDBのelispだけでいいのでmakeしてコピー(make installしたら失敗したよう な気がする。なくなくcpしたような気が) emacsのBBDB設定ファイル