記憶装置

・パリティ
外部記憶装置の性能と信頼性の向上 - RAID -


RAIDとは、ハードディスクの入出力性能の向上と、信頼性向上を実現する方法です。
具体的には、複数台のハードディスクを用いて、データを分散格納することで、性能向上を図り、ハミングやパリティを利用して、信頼性を向上します。



RAID0


ストライピングという方法で、データを複数のディスクに分散して格納します。
これにより入出力性能は向上しますが、RAID0を構成している複数のハードディスクのうち、1台でも故障すると、すべてのデータにアクセスできなくなります。
RAID0は、2台のハードディスクから構成できます。



RAID1


ミラーリングという方法で、同じデータを複数のディスクに書き込みます。そうする事で、ハードディスクが故障しても、1台でも残っていれば、データが保全されます。
ただし、何台接続しても、1台分の容量しか記録できないため、使用効率は悪くなります。

RAID1は、2台のハードディスクから構成できます。



RAID2


複数のデータディスクと、1台の修復用ディスクで構成され、データはデータディスクに分散し、修復用ディスクに修復コードを格納します。
RAID2は、3台のハードディスクから構成できます。



RAID3


複数のデータディスクと、1台のパリティディスクで構成され、データはデータディスクに、ビット単位、またはバイト単位で分散記録されます。
ビットまたはバイト単位で入出力を行うために、大容量のデータのアクセスには適していますが、少量のデータを頻繁に読み書きする処理には向いていません。
RAID3は、3台のハードディスクから構成できます。



RAID4


RAID3を改良し、ブロック単位で処理したものです。
これにより、少量のデータを頻繁に読み書きする場合も利用できます。
RAID4は、3台のハードディスクから構成できます。



RAID5


データだけではなく、パリティも分散して記録します。これにより、どのドライブが壊れても、故障が1台なら復旧できるようになります。
また、故障時に、自動的に代替ハードディスクを提供するホットスペア機能や、稼動中にディスクを交換できるホットスワップ機能などが追加されました。
RAID5は、3台のハードディスクから構成できます。






このページは、P-chanの勉強用に作成されました。みなさんも、いっしょに勉強しましょう。