ミステリー小説を限りなく愛する者たちのホームページ

2016.1.31更新


since January 04, 1999




甲影会について(2008.1.2更新)

シャレード・ヌーボゥのラインナップ(2016.1.11更新)[2015年12月の新刊有]

別冊シャレードのラインナップ1〜50号(2007.5.5更新)

別冊シャレードのラインナップ51〜99号(2012.5.27更新)

海外ミステリー作品のラインナップ(2013.12.14更新)

城平京関係情報(2015.10.4更新)

創元推理倶楽部・大阪分科会のご案内(2008.1.3更新)

E・S・ガードナーの世界(2005.1.5更新)

リンクのページ(2002.1.4更新)

2014年海外ベスト作品(2015.1.4更新)

2015年海外ベスト作品(2015.12.27更新)


『雨の日も神様と相撲を』2016年1月発行(講談社タイガ刊)。相撲の盛んな村へとやってきた少年がカエルの神様に勝つ相撲を論理的に教える作品。殺人事件と意外な結末と盛りだくさんな作品でもある。

『虚構推理』城平京の新作ミステリー。講談社文庫。鋼人七瀬と呼ばれる亡霊を論理的推理により退治するという話である。その超絶推理には驚かされるであろう。本格ミステリー大賞受賞。「マガジンR」にて漫画連載中。

天賀井さんは案外ふつう城平京原作、絵:水野英多 2015年9月より「少年ガンガン」にて連載中。


中 相作氏著作『伊賀一筆』が2014年12月に発行されました。江戸川乱歩の生誕百二十年記念として乱歩の手製本「奇譚」の活字化したものです。

野村恒彦氏著作『探偵小説の街・神戸』(エレガントライフ社)2013年10月刊に「別冊シャレード」のことが掲載されました。

司 凍季氏『椰子の血』(原書房)2013年11月が発売されました。

メールアドレス:yosimasa@big.or.jp